MENU

医療保険

通院特約

c-medical08.jpgこれから医療保険に加入するなら、通院特約は付けて欲しいです。
入院日数は減少傾向です。
たとえがんでも、入院治療より通院治療の方が主流です。
単価も入院保険ほど高くありませんから、是非検討して下さい。

 

 

通院特約の概要

かつては、

8日以上の継続した入院後に限り、その後の通院をカバー

かつ、入院後120日以内の通院に限る

とか、

5日以上の継続した入院後に限り、その後の通院をカバー

かつ、入院後120日以内の通院に限る

というのが主流でした。

 

でも通院特約へのニーズの高まりから、各社独自のプランを出しています。medi13.jpg

 

最も多いのは、以下のような内容です。

  • 日帰り入院後の通院でも給付
  • 入院後180日以内の通院までカバー
  • 通算最高1000日程度まで保障、1入院後の退院に付き30日が限度

 

 

これから新しく医療保険に加入するなら、
せめてこの程度のボリュームの通院特約を選んで下さい。

 

 

通院特約の注意点

ひとつ、この特約に関する注意点を申し上げます。
あなたが検討しているプランには、
入院保険の他に、初期(短期)入院特約も付いていませんか?
1日〜4日までの入院の場合、一時金5万円等が給付されるような特約です。

 

例えばあなたが4日間の入院をし、その後通院したとします。
その場合、あなたが給付請求出来るのは、この初期入院特約のみです。
こういうプランの入院保険は、5日目からカバーが多いです。
そして通院特約は「入院保険給付該当の入院後」で無いと、請求できません。

 

通院特約を請求できるのは、「入院保険に該当するような入院をした後」。
もし入院が4日以内でも通院が長引くようであれば、出費に注意して下さい。

 

 

通院特約の1日当たりの保障金額

この特約は、いくら、1日当たりの保障金額(退院日額)を付けたらいいか?
私は、出来るだけ高く付けていいと思います。
最も最高で、6000円まで付加できるプランもあります。
入院同等に重要性が高い特約ですから、出来るだけ若くて健康なうちに。
medi14.jpg
特に、保障は一生涯で、
保険料支払いは60歳まで等にしているなら、
若い年齢の単価で一生涯の単価が続くので、
やはり高め設定でいいです。

 

卑近ながら、私の親族の例を出せば、
43歳男性・終身保障60歳払込満了の単価は、1000円当たり285円。
入院よりも単価は安いですし、もっと若いうちの加入ならもっと下がります。



 

 

保険無料相談サービス 人気ランキング

iryou-hoken3.jpg


※『保険無料相談サービス』について知りたい方はこちらの記事

 

 

FP(フィナンシャルプランナー)の質に関する調査でも1位獲得!

実務経験平均5年の経験豊富なFPがあなたにあった保険プラン提案

FPさんの質にこだわる相談者さんに人気の無料相談サービスです。!

※【訪問型】- 相談員が、あなたの自宅やお近くの場所(レストラン等)まで来てくれる

 

比較ポイント 評価 詳細
カバーエリア ★★★★★ 全国展開しています
相談員のレベル ★★★★★ 相談員全員、FPなどの有資格者
アポのとりやすさ ★★★★☆ 人気があるため、場合によってはスムーズにアポが取れないこともあり

 

人気の保険相談サービス。

全国展開されていて、地方に住んでいる方も

気軽に相談ができる!

※【来店型】- あなたが直接お近くの店舗に来店する

※【訪問型】- 相談員が、あなたの自宅やお近くの場所(レストラン等)まで来てくれる

 

比較ポイント 評価 詳細
カバーエリア ★★★★★ 全国展開しています
相談員のレベル ★★★☆☆ 国家資格を持っていない相談員もいる
アポのとりやすさ ★★★ 比較的とりやすい