MENU

医療保険

医療保険制度

c-medical01.jpg例えば外来で総計5000円の会計となっても、
あなたが義務教育課程〜69歳までなら、1500円の負担ですね。
これが最も顕著に感じられる、医療保険制度の恩恵です。

 

ちなみに、義務教育前と70歳〜74歳は2割負担。
75歳以上は1割負担です。
もちろん70歳以上でも、現役並みの収入があれば3割負担です。
どうしてこのように、総計を払わなくて済むのでしょう?

 

 

仕組み

あなたは健康保険証を持っていますよね、健康保険の「被保険者」なのです。
保険を掛けられている身分ですから、保険を掛けている機関があります。
それが「保険者」で、主に

  • 自治体
  • 健康保険組合

があります。

 

被保険者は、保険者に毎月保険料を支払います。

サラリーマンは毎月給与から天引き・自営業は自動振替や払込になります。
そんな被保険者が、体調を崩して外来診察を受けたとすると、
総計の1割・2割・3割の金額を、医療機関に払ってきます。

 

では不足分は、誰が負担してくれているのか?それが保険者です。

医療機関は、各自治体や各健康保険組合に、請求書を出します。

「Aさんから1500円だけ領収したので、残り3500円を下さい」と。

 

こうした請求書は毎月1回、医療機関から保険者に届きます。

保険者は、各被保険者から毎月徴収している保険料を原資として、
医療機関に支払うのです。

 

 

国民皆保険制度

日本の医療保険制度は、とても良くできた仕組みですよね。
どんな身分であれ、何かしらの健康保険の被保険者でいられるのです。
でもこういう仕組みは、全世界にあるわけではありません。
ヨーロッパや韓国では導入されていますが。

 

また私達は保険証があれば、どんな医療機関でも全額負担せずに済みます。
医療機関を自由に選べる、フリーアクセスの権利が保障されています。
これもまた、全世界共通ではありません。
A病院では保険がきくけど、B病院ではきかない、そんな国もあります。

 

medi01.jpg
安くフリーアクセスで受診できているからこそ、
日本は長寿の国です。
もし自由診療であれば、高度な医療ほど値段が上がり、
貧富によって寿命に差が出る、
恐ろしい国になる可能性がありますから。

 

しかしこうした公的社会保険制度は、維持するのにやはり高くつきます。
被保険者負担や保険者負担だけでは、高齢社会の今はまわって行きません。
毎年公費も投入されてます。

 

ではどうしたら高齢社会でも円滑に機能することが出来るでしょう?
それはやはり、各被保険者が医療費を抑える努力をすることです。
毎年自治体や会社が実施する検診で、早期に体調異変を見つける事です。
早期発見なら治療は長引きませんから、医療費も抑えられますね。



 

 

保険無料相談サービス 人気ランキング

iryou-hoken3.jpg


※『保険無料相談サービス』について知りたい方はこちらの記事

 

 

FP(フィナンシャルプランナー)の質に関する調査でも1位獲得!

実務経験平均5年の経験豊富なFPがあなたにあった保険プラン提案

FPさんの質にこだわる相談者さんに人気の無料相談サービスです。!

※【訪問型】- 相談員が、あなたの自宅やお近くの場所(レストラン等)まで来てくれる

 

比較ポイント 評価 詳細
カバーエリア ★★★★★ 全国展開しています
相談員のレベル ★★★★★ 相談員全員、FPなどの有資格者
アポのとりやすさ ★★★★☆ 人気があるため、場合によってはスムーズにアポが取れないこともあり

 

人気の保険相談サービス。

全国展開されていて、地方に住んでいる方も

気軽に相談ができる!

※【来店型】- あなたが直接お近くの店舗に来店する

※【訪問型】- 相談員が、あなたの自宅やお近くの場所(レストラン等)まで来てくれる

 

比較ポイント 評価 詳細
カバーエリア ★★★★★ 全国展開しています
相談員のレベル ★★★☆☆ 国家資格を持っていない相談員もいる
アポのとりやすさ ★★★ 比較的とりやすい