MENU

医療保険

見直しが必要な場合

c-medical05.jpgあなたが今加入している医療保険は、お金のムダになっていませんか?
必要最小限の出費で、いざという時に役立たなければ、見直しの対象です。
これから見直し要件を説明しますから、ちょっと振り返ってみて下さい。

 

 

義理で入った場合

  • しょっちゅう来る外交員への義理
  • 親から受け継いだもの...等

本当に世の中には、義理で入った保険契約が多いです(笑)。
これは日本人に多い「悪いし・・」という気持ちですが、
その義理は、もう果たしているのではないでしょうか。

 

私が医療保険を売っていた頃、その契約が成績に反映するのは2年間でした。
その2年以降は解約されても、私のマイナスには全くなりませんでした。

保険会社の成績体系は、それほど変わるとは思えません。
あなただけが勝手に義理を果たしている気持ちで、実はもう関係ないかも!

 

 

満期がある場合

親から受け継いだもので最も多いのが、養老保険です。
満期が来ると満期金を受け取れ、そこで保険は無くなります。
これは解約する必要はありません。
今より予定利率が高い場合がほとんどですから、高くても払いましょう。medi09.jpg

 

でもそこに医療保障が特約として付いていたら、
それは外して下さい。
養老保険の特徴である貯蓄性が低くなっているでしょうし、
満期と共に医療保障がゼロになるのは、とても危険です。
特約を外した分、終身の手ごろな医療保険に新たに加入しましょう。

 

 

不必要な特約が付いている場合

@3大成人病特約(がん・心筋梗塞・脳卒中)は、要りません。
 なぜなら、心筋梗塞・脳卒中の支払条件がとても厳しく、
 実は各保険会社でも、支払実績が最も低い特約だからです。
 言われるまま付けているでしょうが、これを外してがん保険に入りましょう。

 

A介護保険特約も、微妙です。
 民間保険の介護保険特約の要件は、国の高度障害認定と言ってもいいのです。

 

 どんな状態かと言えば、両目失明等色々ありますが、最も身近なのは、

「中枢神経系、精神または胸腹部臓器に著しい障害を残し、終身常に
 介護を要するもの」

といった非常に厳しい状態です。

 

「終身常に介護を要する」とは、

medi08.jpg

  • 食事の摂取
  • 排便・排尿・その後の始末
  • 衣服着脱
  • 起居
  • 歩行
  • 入浴

以上のいずれもが自分では出来ず、
常に他人の介護を要する状態のことです。

 実はこれ、既に加入している保険でカバーできるかもしれないのです。

 

 あなたの死亡保険には、

「死亡もしくは高度障害状態の時、死亡保険金額を支払う」

 と書いてありませんか?

 

 この高度障害状態が、介護保険の要件のダブっています。
 介護保険特約の単価は高いですから、私は外しても良い気がします。



 

 

保険無料相談サービス 人気ランキング

iryou-hoken3.jpg


※『保険無料相談サービス』について知りたい方はこちらの記事

 

 

FP(フィナンシャルプランナー)の質に関する調査でも1位獲得!

実務経験平均5年の経験豊富なFPがあなたにあった保険プラン提案

FPさんの質にこだわる相談者さんに人気の無料相談サービスです。!

※【訪問型】- 相談員が、あなたの自宅やお近くの場所(レストラン等)まで来てくれる

 

比較ポイント 評価 詳細
カバーエリア ★★★★★ 全国展開しています
相談員のレベル ★★★★★ 相談員全員、FPなどの有資格者
アポのとりやすさ ★★★★☆ 人気があるため、場合によってはスムーズにアポが取れないこともあり

 

人気の保険相談サービス。

全国展開されていて、地方に住んでいる方も

気軽に相談ができる!

※【来店型】- あなたが直接お近くの店舗に来店する

※【訪問型】- 相談員が、あなたの自宅やお近くの場所(レストラン等)まで来てくれる

 

比較ポイント 評価 詳細
カバーエリア ★★★★★ 全国展開しています
相談員のレベル ★★★☆☆ 国家資格を持っていない相談員もいる
アポのとりやすさ ★★★ 比較的とりやすい

 

見直しが必要な場合関連ページ

医療保険の必要性
生命保険料控除にも使える